万座の1年をご案内

万座の1年を楽しむ

1年を通じてダイビングで恩納村の海をご案内致します。季節の被写体や見どころをチェック

春のビーチ(1月~)

ウデフリツノザヤウミウシ

春のウミウシはビーチでスタート、北部や東海岸のビーチを利用して撮影に出掛けよう、少しずつウミウシから幼魚の季節に移行する変化を楽しむダイビング

  • 浅場で長いダイビングの傾向があります、ドライスーツレンタルがおススメ
  • ボートを利用していく万座の地形ポイントのダイビングスタイルも選べます

万座のツノダシ(2月~GW)

ツノダシの群れ

2月から突如姿を見せるツノダシの群れ、万座のドロップオフの春を告げる景色です。まだ確実に見えるわけではないですが、この時期の楽しみとしてカメラを片手に期待したい

万座ドリームホール(3月~年末)

万座ドリームホール

万座の海を代表する地形ポイント、スキルアップを図りながらチャレンジする上級者向けのポイントになります

  • ワイドのカメラで楽しめるフォトジェニックなポイント
  • アドバンス講習などと共にスキルアップがおススメ
  • スネークホールなど他にも楽しめるエリアが満載
  • *水中ライト必須です(レンタル有)*

夏前の幼魚(4月~)

ツユベラ幼魚

夏に向けて幼魚が増える時期、ツユベラやカンムリベラなど人気幼魚の個体数が増える時期。マクロ撮影が好きなゲストには砂地がおススメ

  • ドロップオフも楽しみながら
  • ワイドと合わせて撮影する砂地
  • 動かずじっくり撮りたいダイバーにもおすすめの季節

サンゴの産卵(5月~6月)

サンゴの産卵2021

旧暦の4月(5月の後半~6月)に見られるサンゴの産卵ナイトダイビング、ワイド、マクロ、動画いずれも楽しめる年に一度の自然の神秘に触れるフォトダイビング

  • 日程は決まってるのでHPでチェック
  • ビギナーも安心の場所で潜ります
  • ナイトダイビングが初めてでも参加出来ます

オイランハゼ(6月~)

オイランハゼのディスプレイ

6月に入ると始まるオイランハゼのディスプレイ行動、北部のビーチエリア限定で観察に出掛けられます、オイランハゼがメインですがその他珍しい生き物たちもたくさん

  • とても浅いビーチで潜ります
  • 透明度が上がらない泥砂域のダイビングです
  • 撮影と珍品探しがメインの場所です

シーズンのマクロ(7月~)

ナカモトイロワケハゼ

夏真っ盛りの7月からダイバーに人気のナカモトイロワケハゼなどの被写体が増える時期です。ハゼ全般、カエルアンコウなどをじっくり撮影するダイビングの時間が増えて来ます

シーズン中の撮影(8月~)

リュウグウベラギンポ

真夏の海は色々な被写体をご案内できる時期。浅場から深場まで様々な生物が増える時期です、ブログなどで確認しながら撮影に出掛けましょう

水納島の旅(8月~)

水納島

この時期は水も良い北の離れ島、水納島、サンゴと青が抜ける島のダイビングを撮影しながら楽しんでみよう

魚影(9月~)

万座の地形ポイント

万座ドリームホール、スネークホール、顔面ホールは魚影が秋に向けてどんどん濃くなる時期、ワイドが楽しめる時期は見逃せない

秋の始まり(10月~)

ニシキフウライウオ

夏の終わりとと共に姿を現すニシキフウライウオやカミソリウオ。姿が見え始めると恩納村にも秋の訪れを感じさせます

年末へ(11月~)

カマスの群れ

北風が吹く日が増えて来ます。風の良い日は万座、北風の強い日は北部のビーチなどで撮影ダイビング。カマスの群れなどをワイド、ウミウシをマクロで、それぞれに楽しめる年末時期です

年末年始(12月~)

ウミウシを探そう

12月はビーチでウミウシ探しが始まる時期、水温は下がりますのでドライスーツなどを装備して出掛けましょう。年末年始や冬のお休みを利用して講習しながら潜るのもおススメです

その他たくさん楽しめるスタイルを用意してお待ちしております

お気軽にお問い合わせください098-955-2703受付時間 8:00 – 18:00

お問い合わせはこちら

次の記事

塩屋(北部ビーチ)