恩納村 7月のダイビングシーン

万座は地形/砂地/夏色の海空が最盛期

ギナンビーチ

梅雨明けの7月、水温/気温共に夏のトップシーズンの快適な温度へ。さぁ、海に出掛けよう!

生物の躍動の季節

キビナゴの群れ
浅瀬で会えるキビナゴの群れはどこまでも続く(右)

恩納村の7月のコンディション
水温/28℃:5mm、もしくは3mmスーツでも十分対応
気温/30℃:軽装、日焼け止めが必須
透明度:シーズン一番の透明度になります

浅瀬ではキビナゴが大きな群れを作り泳ぎ回る季節、エントリー前からも水面に見える 巨大な黒い塊、潜ればどこまでも続く綺麗な魚影にダイバーも包まれる

南風に変わり西海岸は穏やかな海況が続く季節。 ビギナーやブランクダイバーも安心して潜り始めることが可能なコンデションとなる。 アドバンス講習等に参加しながらスキルアップ、色々なポイントに挑戦してみるのも 良い。地形ポイントで明暗のコントラストを感じながら潜るのも万座ならではの楽しみ方 となる

恩納村の地形

恩納村にはリーフ内に開いた穴やクレバスを利用したポイントが複数存在する。ニーズに合わせて選んでみたい

ミニドリーム

万座 ミニドリーム

リーフトップ2mから18mに垂直に落ち外側に抜けるL字型のポイント、明るさを常時確保出来るので、ビギナー/ブランクダイバーもストレスなく楽しめる

顔面ホール

万座 顔面ホール

ビギナーも安心して潜れる深度12mからスタートする横穴には無数のクレバスがあり、洞窟内に暗所生物が過ごす。フォト派のワイドニーズに合うコンディション

万座ドリームホール

万座ドリームホール

万座エリアで人気のL字型地形ポイント。内部は光の届かない場所もあり水中ライト必携、 コントラストが美しくフォト派におススメの撮影場所が多数存在する。最大深度が30m前後ある上級者向けのポイント

無数のクレバスと魚影に囲まれるポイント”顔面ホール”

ダイバーに人気の生物

数か所存在する根をチェックに行けば会える

 季節を問わずダイバーに人気の生物が見られる恩納村。中でもウミガメ遭遇率は とても高い。アオウミガメとタイマイの2種類が特に多く、アオウミガメ の大型個体では1mを超える時もある

ナカモトイロワケハゼ

ダイバーに人気のナカモトイロワケハゼ、少し深度があるので中級者~の場所になる。他にもマクロ派、フォト派に人気の生物が散在する根が複数楽しめる

トウアカクマノミ

砂地では奄美以南に生息する珍しいカラーのトウアカクマノミがかなり浅い深度で観察できる

撮影

この時期ならではの撮影ダイビングも楽しむために、大型のタンクを用意したり(追加有料)、1つのポイントでじっくり撮影を楽しむためにグループ分けも出来ます、ご相談下さい